フラット35金利と団信保険とは?

フラット35の金利が実質底値の今こそ、住宅ローンを長期固定金利で借り入れようとする人には最大のチャンスと言えると思います。
フラット35の場合、初期コストの大半を占める保証料が無料なので、その面でも有利に借り換えられますね。
反面、民間の住宅ローンでは無料(実際には利子に算入している)の団体信用生命保険(以下、団信)がオプション加入な点が不安要素です。
団信とは、債務者が返済中に死亡、または高度障害になり返済が困難になったときに住宅ローンの残高を保険会社が肩代わりしてくれる保険です。
フラット35の場合、団信の加入は任意であり、加入する際には借入額が1000万円につき35.
800円が年に1回請求されます。